Top >  その他 >  古い物の処分方法

風水を取り入れた古い物の処分法

スポンサードリンク

古い物の処分方法

古い物の処分方法風水では「流れ」が重要です。

そのため、古いものの運気は低くなります。


では古いものは
どう処分すればいいのでしょうか?
処分の仕方にもいろいろあります。

何種類か処分方法を載せてみます。

1  お守り
   お守りの効果は一年間を言われています。
   お守りは基本的に、いただいた所でなくてもよいので、
   それぞれの神社、お寺に返しましょう。
   ゴミとして捨てるのだけは絶対にやめましょう。

2  宝石
   まず、捨てる前に浄化をします。浄化は午前に太陽の光を浴びさせ
   そのあとに塩をひとつまみ入れた水につけ捨てるときは、吉方位の
   川などの淡水に流します。

3  贈り物
   贈り物にはその人の気がこもっています。
   嫌な人からもらったものは使わずに、捨ててしまいましょう。
   捨てるときは太陽の出ているときにしましょう。
   陶器などは一度割って、紙で出来ているものは、端を破いてから、 
   あとは紙などで包んで、他のゴミと別で捨てましょう。

4  人形
   人形は和紙、布などの通気性のよいもので顔をくるんでから
   捨てましょう。
   顔が汚れていると持ち主の容貌に悪影響がでます。

5  財布
   財布は3年で寿命が切れます。
   捨てるときは川や湖、などの水辺に捨てるのが良い方法です。
   普通ゴミとして捨てる時は雨の降っているときが◎

6  衣服
   一年以上着ない服は運気を下げる原因になるので着なくなったら捨てましょう。
   普通に捨ててもいいですが、生ゴミと一緒にすてるのはやめましょう。

10 写真
   捨てるときは紙袋にいれて捨てましょう。


古いものを処分し、
スッキリしたところに
新しい運の「気」を流し込んでいきましょう。